アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
花鳥風月
ブログ紹介
日々作成中の俳句、短歌を気ままに書き込みします。
なおコメントもない関係のないトラックバックは削除します

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
俳句:帰り花 17
俳句:帰り花 17 ひと花と ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 19:55
花輪囃子に関する考察-京都祇園祭との比較と影響
1 はじめに 秋田県鹿角市花輪の幸稲荷神社の祭で8月19日に催される花輪囃子と言うものがある。各町内の山車がお囃子を演奏しながら、町内を練り歩く。 長い歴史を持ち、古い形態を残すと言う事でユネスコ世界遺産に登録された。鹿角市内では、八幡平の大日堂舞楽に続く2例目である。 一方、日本全国の山車、お囃子の原型とされる京都八坂神社の祇園祭がある。しかし、両者には著しい違いがあると共に、花輪囃子には『祇園』と言う演目もあり、影響を受けた可能性もある。 両祭を比較する事により、花輪囃子の特徴を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 21:27
俳句:彼岸花17
俳句:彼岸花17 阿耨多羅三藐三菩提の ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 16:57
俳句:御靈神社
俳句:御靈神社 拍手打つ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 12:34
俳句:雨宿楚者゛
俳句:雨宿楚者゛ 晴を待つあいだに楚者゛は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/26 18:08
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 医心方による「ケイ」の考察
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 医心方による「ケイ」の考察 5 医心方による「ケイ」の考察 (1)医心方による養和の疫癘の推測  医心方とは、鍼博士丹波康頼が編纂し、永観二年(九八四年)朝廷に献上された日本現存最古の医学書であり、現在は国立東京博物館が所有し国宝となっている。LM  この巻第十四「治卒死并傷寒」治諸瘧方 第十三Lによると、瘧には、「瘧病ハ多種ニテ、各同形ナラズ。温瘧有リ、寒瘧有リ、※陰(病垂に陰。文字番号【二二四七九】)〔於ト禁ノ反シ〕瘧有リ、勞瘧有リ、鬼瘧有リ。」(二〇三頁)と5種類有り、それぞれその症状は異なり、「夏... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 21:33
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 疫癘と病状、前田本「下意」についての考察
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 疫癘と病状、前田本「下意」についての考察 3 疫癘と病状  「疫癘」を大辞林第三版で引くと「悪性の流行病。疫病。」とあり、同じ意味で嵯峨本にある「えやみ」を引くと、  え‐やみ【▽疫病み】   1 悪性の流行病。ときのけ。えきびょう。   2 (「瘧」とも書く)おこり。今のマラリアのような病気。わらわやみ。〈和名抄〉  次に、「おこり」をひくと、  おこり【×瘧】   《隔日また周期的に起こる意》間欠的に発熱し、悪感(おかん)や震えを発する病気。主にマラリアの一種、三日熱をさした。えやみ。わらわやみ。瘧(ぎゃく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 21:23
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 はじめに、各異本の表現と各説
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 はじめに、各異本の表現と各説 1 はじめに  鴨長明が著した方丈記は、平安末期の四大災害一変事の詳細を記録したものとして有名である。その中の養和の飢饉(一一八一〜二年)については、春夏が旱で、秋は大風洪水が起こり、五穀が悉く実らないで、京都に食べ物が入らない事態となり、そして次の年は疫病が流行り、京中に死体があふれ、仁和寺の隆暁が四五月京都の東半分の死者数を数えたら、四万二千三百余りもあり、河原その他の辺地は際限も無いとしている程の大飢饉であった。  養和の飢饉の内、「アクルトシハ、タチナオルベキカトヲモ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 12:14
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 要約、参考文献
方丈記 養和の飢饉「ケイシヌレバ」の考察 要約、参考文献  要約  方丈記の養和の飢饉の中にある「ケイシヌレバ」について、その用字について各説を検証するとともに、疫癘の原因を探り、その病気の一つであるマラリアの症状から方丈記前田本の「下意」の意味を推察した。  また、当時の医学書である医心方に記載されている「温瘧」から当時の病名を推察し、症状の用字により「奚[ケイ]」という文字である可能性を考察した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 11:04
万葉集 貧窮問答歌の「やさし」について
万葉集 貧窮問答歌の「やさし」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/08 22:56
俳句:面白看板
俳句:面白看板 西行は ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 08:18
短歌:瀬見のを川
短歌:瀬見のを川 いつはりをわきて流るゝ世見小川 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/24 07:25
短歌:月の雫
https://youtu.be/Orm_hvldI3o ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 08:00
短歌:節分
短歌:節分 ゆっくりとしたビルのクレーンと流れる雲が ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 20:26
短歌:初瀬紅葉 古今風
短歌:初瀬紅葉 古今風 こもりくの初瀬の山の紅葉葉を ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 18:36
短歌:時雨虹
短歌:時雨虹 透明な時雨が残した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/19 18:12
山城国宇治郡山科郷古図による外山の位置
山城国宇治郡山科郷古図による外山の位置 1 はじめに  山科郷古図は、鎌倉時代に作成されたものとされ、水戸藩の徳川光國の彰考舘が大日本史作成の為に収集したものである。彰考舘は、昭和20年8月の空襲で焼け、古図自体は灰燼となってしまったが、それを写したらものが残っており、その内容を伝えている。  山科郷古図は、宇治郡を東西南北の縦横の線で条里に分けており、その東部は音羽山系をただ「山」とのみ記載されている。又同古図は、山科区西野山岩ヶ谷町に有る西野山古墓を坂上田村麻呂の墓と推定するのに使用されたので有名。  その古図の虫食いを免れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 19:51
釈教短歌:黒谷二首
釈教短歌:黒谷二首 やま風は凄く吹けども みほとけの 遍く光 衰えもせず ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 17:35
俳句:近江の秋 
俳句:近江の秋  勝地定主無し ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 17:58
方丈記 日野の方丈の庵跡の推定について その6
方丈記 日野の方丈の庵跡の推定について その6 醍醐随筆による方丈の庵 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 12:06

続きを見る

トップへ

月別リンク

花鳥風月/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる